美容部員とは 美容部員になるには 就職活動 美容部員の日常
ブランド考察 化粧品業界知識 リンク 接客マニュアル


美容部員への道TOP就職活動>美容部員(ビューティーアドバイザー)の雇用形態




美容部員(ビューティーアドバイザー)の雇用形態



美容部員(ビューティーアドバイザー)の雇用形態は実にさまざまで、普通に化粧品会社の正社員として化粧品コーナーで美容部員として働く形態、契約期限を設ける契約社員、時間給のアルバイト、そして派遣会社からの派遣社員などがあります。

雇用形態は違っていても、仕事内容は同じで、化粧品コーナーにて化粧品を販売します。


正社員:
文字通り、化粧品会社の正社員となり、美容部員として化粧品コーナーで化粧品の販売をします。

契約社員:
契約社員とは、期限付きの雇用のことです。
ただし、契約期限は形だけのものが多く、ほぼ自動的に契約更新されます。

契約社員の形態をとる会社は外資系が多く、経済情勢の影響から百貨店の閉鎖、売上の悪い店舗を撤退するなど、最悪の事態を想定した上での雇用形態であると考えられています。

他には、年々実力に応じ契約更新の際に給与を決定し、実力主義の社風を築くための雇用形態であるといえます。

アルバイト:
アルバイトの雇用形態は、いわゆる試用期間と考えられます。
会社側から見れば、仕事の向き不向きを見極めるためにとる雇用形態です。
その後、正社員もしくは契約社員に登用されます。

派遣社員:
文字通り、派遣会社から派遣された美容部員です。
問題点としては、派遣されたブランドの商品知識に乏しく、研修時間も少ないことです。
長く派遣されれば経験で身に付きますが、覚えた頃に派遣が解除されたら身もふたもありません。


これらの他にも百貨店や大手ストアなどの社員が美容部員を採用する場合もあります。